病気だったとしてもトラックやタクシーなどは乗り続けられる可能性は高い

躊躇わず診てもらおう

診察

仕事を続けたいのなら悪化する前に対処を

自分がうつ病かもしれないと考えているのなら、心療内科や精神科を設置するメンタルクリニックを訪れようとしているかもしれません。しかし、精神病だと診断されてしまうと運転ができないと考え、それを生業としている方は診察を躊躇する場合もあるはずです。確かに、『ある種の精神病』は乗り物の運転には向いていないため、診断されるとトラックやタクシーなどには乗れなくなる可能性はあります。しかし、うつ病はその『ある種の精神病』の中には含まれないため安心してメンタルクリニックで診察を受けましょう。つらい症状のまま放置していては、国から止められるのではなく、具合が悪くて自ら運転を諦めるしかなくなる可能性もあります。それどころか、うつ病がひどくなってしまうと何をするのも大変になるので、日常生活を送るのも難しくなるでしょう。なお、うつ病によって睡眠障害があると、自動車の運転の安全性が著しく下がってしまいます。そのため、眠りに問題があるのなら、そのこともきちんとメンタルクリニックのドクターに相談するようにしましょう。そうすれば、うつ病と一緒に睡眠障害の治療もしっかりと行ってくれるため、何も問題のない以前のスッキリとした自分を取り戻すことができます。

メンタルクリニックを訪れることで得られる一番大きなメリットは、安心して運転ができるようになることでしょう。うつ病が運転に悪影響を及ぼすと考えていたら気が気ではなく、いろいろと負い目を感じて仕事を続けていくことになるかもしれません。しかし、ハッキリとドクターの口からトラックやタクシーなどを運転しても大丈夫だというお墨付きがもらえたのなら、余計な不安を感じずに済むはずです。自身が生業していることをドクターにしっかりと説明をして、このまま続けても大丈夫なのか聞くようにしましょう。なお、うつ病の影響が強すぎて、運転は難しいといわれたのなら、ドクターの指示に従い治療する必要があります。うつ病は治る病気なので、きちんと完治させれば運転の仕事を再開することが可能です。焦るかもしれませんが事故を起こしてしまうと、人生が悪い方にガラッと変わってしまうので治療に集中しましょう。ちなみに、働けなくなって治療費を支払うのが難しい状況になりそうなら、自立支援医療という制度を活用すれば(国への申請が必要)負担をかなり減らせます。本来ならばメンタルクリニックの支払いは保険を使っても3割負担の方が多いでしょうが、自立支援医療を利用すれば1割負担まで軽減ができます。

医者

仕事に影響

うつ病が疑われる場合にはすぐに心療内科などの専門病院で受診する必要があり、クルマの運転を控えなくてはいけない症状もあります。また必ずしも治療を受けているからと言って運転ができないのではなく、あくまでも医師からの指示によって変ってきます。
バインダー

主治医の診断が必要です

うつ病に罹ると、意欲や判断力が低下するので、自動車の運転ができるか不安を感じている人が多いです。平成26年に道路交通法が改正されているので、一部の精神疾患に罹っていると運転が制限されることがあります。
男女作業員

車を使えるようにしよう

うつ病になると運転するのに大きなリスクがあるため、医師の診断書がないと免許を更新できない仕組みになっています。心療内科や精神科のクリニックや病院で問診を受けて問題がない容態ならすぐに用意してもらうことが可能です。
運転する女性

自動車の利用が不安なら

うつ病で集中力が判断力が落ちていると運転が危険なので、安全のために医療施設で治療をしてもらいましょう。メンタル系の医療施設を初めて訪れるときは、診察代と薬代を合わせて10000円あれば間に合う可能性が高いです。

Copyright© 2019 病気だったとしてもトラックやタクシーなどは乗り続けられる可能性は高い All Rights Reserved.