病気だったとしてもトラックやタクシーなどは乗り続けられる可能性は高い

仕事に影響

医者

無理をしないこと

日本では世界的に見ても、うつ病の発症率は低いとされているものの実際に自覚して専門病院を受診しているのは全体の4人に1人といわれています。なぜ受診する人が少ないのかというと日常生活において、気がついていないケースや自覚をしていても自己判断で治療をしていないケースがあり、結果病気の理解をしていないということがわかります。しかし心療内科などを受診しておかないと重症化するケースへと発展してしまい、症状によってはクルマの運転すらできなくなることも少なくありません。そのために必ず専門病院でもある心療内科や総合病院の中にある精神科を受診して、どのような状態になっているのか診断をしてもらう必要があります。うつ病はそのまま放っておくとエネルギーを低下させて明日への活力を奪い、いつの間にか生きている意味すらわからなくなる病気です。早い段階で専門病院を受診しておくことで、休養や精神療法、また薬物療法によって治療をして回復することができます。専門医に休養を告げられることによって仕事をしている人は休みやすくなりますし、カウンセリングを受けて自分の悩みや辛いことを話すだけでも精神的な開放をすることもできます。クルマの運転を考えると精神療法はとても有効な手段としてありますので、うつ病が疑われる場合には安全も考えて早めに受診することです。

うつ病の発症によってクルマの運転まで安全でなくなる可能性があるのは、双極性障害という症状へとなっていることがあるからです。双極性障害とは、鬱症状と躁症状を繰り返し表すことから気分の上がり下がりが激しく日常生活の困難を感じるようになってしまいます。これは脳へのアプローチが必要なために日常生活ではクルマの運転を控えることも必要となりますし、専門病院でも薬物療法へと移行するパターンでもありますので相談をすることです。また人によって治療方法として薬物療法では薬を処方されますが、薬を飲んでいるからと言って危ないということでもありません。中には薬の内容によって眠くなる成分がある場合にはクルマの運転は控えなくてはいけないのですが、それは専門医からアドバイスをもらい相談することで決まります。そしてうつ病には疲れやすくなっている人もいますので、身体的や精神的に疲れている人は自己判断で運転を控えることで安全な生活を送れます。仕事の関係でクルマを運転しなくてはいけない場合は、上司や会社にうつ病であることを隠さずに伝えておくことです。症状を伝えておくことで仕事内容も変りますし、今では医者からの指示によって仕事内容まで介入できることもできます。

Copyright© 2019 病気だったとしてもトラックやタクシーなどは乗り続けられる可能性は高い All Rights Reserved.