病気だったとしてもトラックやタクシーなどは乗り続けられる可能性は高い

車を使えるようにしよう

男女作業員

うつの人が車を使うには

うつ病という診断を受けてしまうと運転免許の更新のときに不可能と判断されてしまうことになるのが通例です。そううつ病の場合にも同様で精神疾患を負ってしまっていると運転免許を更新できず、車を使えなくなってしまうリスクがかなり高くなります。しかし、医師の診断書があれば更新できる仕組みになっているので、医療機関を受診して運転をするのに問題がない状況にあると診断してもらえれば問題ありません。診断書を作成してもらうためにはうつ病ではない、あるいは病気であっても安全に車を使えるような状況にあるということを判断できる医師に相談しなければなりません。心療内科や精神科のクリニックあるいは病院を受診すれば診断書を書いてもらうことができます。もともと治療のために通院しているのであれば、主治医に相談すれば書いてもらえるでしょう。医師は診断書を書くことによって責任を負うことになるため、本当に大丈夫なのかどうかを問診を通して確認します。特に事前に何か準備しなければならないものはなく、心療内科や精神科に行って運転免許の更新のために診断書が欲しいという話をすれば大丈夫です。予約制の施設を利用するときにはあらかじめその旨を伝えておくとスムーズに診療を進めてくれるでしょう。

うつ病という診断を受けていると医師の診断書がなければ運転免許を通常は更新できないという仕組みになっているのには理由があります。うつ病のような精神疾患を患っているときには危機察知能力が低下していたり、判断力が失われていたりすることが多いのが問題になるのです。そううつ病の場合には気分がハイになってしまっているときに、危険を感じながらも大丈夫だと考えてしまうリスクも高いでしょう。うつ病の場合には青信号でももしかしたら事故を起こしてしまうかもしれないと考えてしまってアクセルを踏めなくなることもあります。また、症状によっては自分から望んで事故を起こして命を絶ってしまうということもないわけではありません。このような状況での運転はリスクが非常に高いことから禁止するのが基本的な方針で、うつ病の人の中でも症状が軽度で運転には問題がない人だけが許可を受けられる仕組みになっています。その確証を得るためには専門家である医師の診断が欠かせないので、免許の更新をするときには心療内科や精神科にかからなければならないのです。診断書さえもらえれば自由に車を使うことはできるものの、更新毎にその手続きが必要になることは念頭に置いておく必要があります。

Copyright© 2019 病気だったとしてもトラックやタクシーなどは乗り続けられる可能性は高い All Rights Reserved.